FUN+WALK PROJECT

FUN+WALK PROJECT

取組事例FUN+WALK PROJECTに賛同している企業・団体や
個人の取組をご紹介します。

2018.01.12

「人の成功と失敗の分かれ目は、第一に健康である」創業者のDNAを引き継ぐ#東急電鉄の場合

「人の成功と失敗の分かれ目は、第一に健康である」創業者のDNAを引き継ぐ#東急電鉄の場合

日常生活の中で“楽しく、歩く”ことを促進する「FUN+WALK PROJECT」。一体どんな企業で、どんな人たちが何をしているの? 実際に社員の健康増進の取組を実践している企業のひとつ「東急電鉄」の例を見てみましょう。2016年秋からウォークビズを推進するなど、一足はやく「歩く」の習慣化に力を入れている東急電鉄。一体、どのようにFUN+WALK PROJECTを実践しているのでしょうか。

習慣化を目指して。生活環境の充実

左から:小松原さん(人材戦略室)/佐々木さん(都市創造本部)/川崎さん(生活サービス事業部)/山西さん(広報部)

左から:小松原さん(人材戦略室)/佐々木さん(都市創造本部)/川崎さん(生活サービス事業部)/山西さん(広報部)

「私たちも長らく健康経営の推進を掲げてきたので、FUN+WALK PROJECTの立ち上がりは嬉しかったです。本社勤務の社員対象に2016年秋から取り入れたウォークビズは、足元を身軽にし、ひと駅歩いたり、階段を上ることで、一番長い時間を過ごす職場を運動環境に変えることを目的としています」(小松原さん:人材戦略室)

健康への取り組みとして、得意・不得意関係なく、気軽に実践できることとして「歩く」の習慣化に力を入れている同社。社員の健康を高めることで、その先にあるわたしたち生活者が住まう地域の活性化、生活環境を充実させていくことを目標にしているのだそう。

「社員のさらなる健康を推進するために、東急電鉄ではウォークビズと併せて“職場対抗ウォーキング選手権”を年に3回実施しています。参加人数と、歩数計アプリによって計測された歩数を評価軸に、部署ごとに競いあうのですが、これが結構盛り上がるんですよね」(小松原さん:人材戦略室)

ウォーキング大会

そのほかにも年に1回開催するウォーキング大会では、職場や家族を巻き込んで約5km程度のコースを設定。歩くことのきっかけづくりや職場コミュニケーションを促進したりと、歩くことの習慣化を目指した取り組みに日々力を入れているのだそうです。

「このウォーキング大会は、これまでも毎年650人程度参加するかなり大規模なイベントだったのですが、習慣化への取り組みの影響もあってか、今年はなんと750名程度の応募がありました」(小松原さん:人材戦略室)

前年をなんと100名以上も上回る応募結果。これは社員一人ひとりの意識や行動にずいぶんと変化が見られてきているのではないでしょうか。

発想も豊かに。FUN+WALK STYLE を取り入れてみて

「普段の運動は、たまにテニスをする程度で、やはり運動不足な毎日でした。でも、歩くことを意識するようになって、行動範囲が広がったことが嬉しいですね」

東急電鉄の生活サービス部門で、グループ会社や事業部の経営管理を担当する川﨑さん(生活サービス事業部)は、コミュニティサイクルを活用するなど、楽しく歩くことを日常生活に取り入れているのだとか。

一方、都市開発部門で、高架下や駅ビルの管理・運営を担当する佐々木さん(都市創造本部)は、約1年前からスニーカー通勤を実践。会社の最寄り駅より一駅前で降りて通勤することもあるんだそうです。

また、ビジネススタイルとしてスニーカーの着用をするようになってから、服装もかしこまったスーツスタイルだけではなく、カジュアルになり、社内の雰囲気もより明るくなったそう。

「鉄道だけでなく商業施設や街づくりも手掛けるからこそ、FUN+WALK STYLEを通じて、堅苦しくない自由な空気を作り、生産性の向上やクリエイティブマインドの醸成にも繋げていきたいですね」(小松原さん:人材戦略室)

まずは手軽に取り入れられる「歩く」ことで健康はもちろん、豊かな職場づくりもできるのは嬉しいですね。今後の変化にも注目していきたいです。

(おわりに)

左から:佐々木さん(都市創造本部)/小松原さん(人材戦略室)/川崎さん(生活サービス事業部)

左から:佐々木さん(都市創造本部)/小松原さん(人材戦略室)/川崎さん(生活サービス事業部)

「人の成功と失敗の分かれ目は、第一に健康である」そんな熱誠を掲げていた創業者・五島慶太氏のDNAを受け継ぐ東急電鉄。健康意識の向上と定着のためには、社内風土の醸成、そして、会社主導ではなく社員が自走して健康への取り組みを実践することが目標とのこと。社員がいきいきと輝ける環境づくりに、FUN+WALK PROJECTは、良い追い風となりそうですね。

関連記事はこちら