FUN+WALK PROJECT

FUN+WALK PROJECT

FUN+WALKコラム歩く楽しさを伝えるコラム、続々更新中

2018.04.23

【歩いてでも行きたい「最寄り駅のない」お店vol.2】まさにご褒美!三宿「FUNGO」で、豪快にかぶりつくバーガーが最高に美味しい

【歩いてでも行きたい「最寄り駅のない」お店vol.2】まさにご褒美!三宿「FUNGO」で、豪快にかぶりつくバーガーが最高に美味しい

三宿「FUNGO」といえば、世田谷公園向かいにある1995年オープンの人気ハンバーガー屋。かつて“グルメバーガー”ブームを牽引し、開業23年目を迎えるいまもなお、幅広い世代からの厚い支持を得る人気店です。最寄り駅から徒歩15分強という立地にも関わらず、絶えない人気のその秘訣とは。さっそく取材スタートです。

三茶・池尻大橋ともに15分強。閑静な住宅街をひたすらあるく

降り立ったのは東急田園都市線「三軒茶屋」駅。最寄り駅は、三軒茶屋駅、池尻大橋駅、また祐天寺駅など、3駅からのアクセスが可能。にも関わらず、すべての駅から徒歩15分強という何ともFUN+WALK的には好立地条件。筆者は今回、三軒茶屋駅から歩きはじめました。

世田谷区の特徴のひとつに、大通りから一本中に入ると、それまでとはまったく異なるエリアならではの風景が広がることがあげられます。そして、このあたりは地元民でも地図には書きおこせないくらい、複雑な道が入り組んでいることも。そんな未知の世界を、地図を見ながら歩みを進める。ワクワク感もあり、まるで大人の遠足気分です。

歩きながら感じたことは、この道のりは学校や保育園なども多く、平日日中でも穏やかな時間が流れているということ。ちょうど保育園のお散歩タイムに遭遇し、目の前にはカートに乗った園児たちが。なんとも癒やされる瞬間。しばし、園児たちの後ろについて歩みを進めました。

ところで今回は、このあとのスケジュール的にスニーカーを履けない日だったので、靴はパンプス、それも10cmヒールをチョイス。「本当に歩く気ある?」なんて声が聞こえてきそうですが、歩けるんです! 近年“歩きやすいパンプス”や“走れるパンプス”なるものが増えたことは、働く女性にとっては追い風(こんな15分強の道のりだって、怖くありません)。

天候にも恵まれ、最高のFUN+WALK日和。そんなことを考えながら歩いていると、目印としていた少し開けた通りが見えてきました。ここは、地図によると都道420号線、いわゆる「三宿通り」。ここまで来れば、もう到着したも同然です!

三宿「FUNGO」、およそ16分のFUN+WALKを経て到着

三宿通りに面し、世田谷公園の対面に佇む「FUNGO」は、ブルーの店構えが特徴的。

広く開放的なテラス席に、ウッド調の店内。平日の午前中という時間帯にも関わらず、この日もすでに店内は常連のお客様で賑わいをみせていました。

パラソルヒーターが完備されたテラスは、まだ肌寒い春先や夕方以降の利用でも心配なし。ワンコ連れや、テラス派の人も気兼ねなく過ごせる店づくり、そのどちらにも該当する筆者は、“また来よう欲”が湧いてきました。

高さ10cm越え!ベーコンチーズバーガーは豪快にかぶりつこう

さっそく、オーダーしたお店の看板商品「ベーコンチーズバーガー」がやってきました。ミニサイズもあるとのことですが、せっかくFUN+WALKしてきたのだから、ここはレギュラーサイズを食べようじゃありませんか。

高さ10cmは軽く超えるであろうバーガーは、見た目にも迫力満点。とろけ出るチェダーチーズに熱々のパテがなんとも絵力あり‼︎

ここまでの高さがあるバーガーは食べ方に悩みますが、専用のバーガーペーパーにやさしく包み込み、8フィンガーで豪快にかぶりつくのがFUNGO流。一口かじるだけで、一瞬にして幸せな心地に……。肉厚の自家製ベーコンに、とろとろのチーズ。そしてみずみずしいトマトに、シャキっとしたレタスの心地よい歯ごたえが、なんとも贅沢な味わいです。

また筆者のお気に入りポイントは、ピクルスが“外付け”されていること。味にアクセントを加えたいとき、お口直し的にかじれることが、ピクルスの存在価値だと思っています。(※完全に個人の見解です)

11:00から15:00までオーダーできるランチセットは、日替わりのヘルシーサラダとスープがついて、1900円。野菜も、お肉も(そしてポテトも!)食べられるボリューム満点の内容は、しっかり派には嬉しいラインナップ。またバーガーをミニサイズにも変更できるので、女性やお子様は気分によってチョイスしても良さそうです(ランチタイムは11:00~15:00までオーダー可能)。

いっぱい歩いたご褒美に、充実のデザートメニュー!

いっぱい歩いたんです。(しかも帰りもまた、歩くんだもの!)デザートを我慢する理由はありません(笑)。

FUNGOを訪れたら、こだわりのオリジナルデザートもぜひオーダーしましょう。

ハンバーガー屋さんで、このクオリティのケーキを食べられるなんて!と感動する筆者。ニューヨークチーズケーキは、しっとりとして口のなかでほろほろと解けるように溶けていき、ほのかにサレ(塩味)で、飽きません。ひとつひとつ手作りにこだわったチーズケーキです。

また、姉妹店の大人気アップルパイ専門店「グラニースミスのアップルパイ&コーヒー」のアップルパイもイートインが可能。

アップルパイ「フレンチタマンド」

アップルパイ「フレンチタマンド」

サクっと軽いパイ生地のなかには、しっとりとしたアーモンドクリームとりんごのコンフィが。添えられたベリーソースを味のアクセントに、また滑らかなシャンティ(生クリーム)は、よりいっそう味わいをまろやかに仕上げてくれます。

「これからも指名される店でありたい」

FUNGO三宿店店長、杉本さん

FUNGO三宿店店長、杉本さん

「23年間、ここ三宿でやらせていただいた歴史を大事にしながらも、新しいお客様にもますます知っていただくべく、日々成長していきたいです」そう語る三宿店の杉本店長。創業23年を迎え、かつて30代だったお客様は、50代に。年齡とともにヘルシー思考になりがちですが、FUNGOに来たならこれを食べなくっちゃね!と、FUNGOのお客様の多くは、何年たっても同じハンバーガーを“指名買い”しに来るそう。

バーガーメニューは今回食べたベーコンチーズのほかに、人気のアボカドチーズに照り焼きチキン、フィッシュバーガーなど、全9種と豊富なラインナップ。テイクアウトやデリバリーにも対応するなど、さまざまなニーズに柔軟に答えてくれるのも、嬉しいポイント。

春を迎え、おでかけも楽しい季節になりました。週末は、美味しいものをお腹いっぱい楽しんで、エネルギーチャージしてみてはいかがでしょうか。これもひとつ、頑張って歩いたからこそ得られる最高のご褒美かもしれません。

 

「FUNGO」三宿本店
TEL:03-3795-1144

住所:〒154-0002 東京都世田谷区下馬1丁目40−10−1F

アクセス:東急田園都市線「三軒茶屋駅」徒歩16分、「池尻大橋駅」徒歩17分

http://www.fungo.com/