FUN+WALK PROJECT

FUN+WALK PROJECT

FUN+WALKコラム歩く楽しさを伝えるコラム、続々更新中

2018.02.28

冬の美しい絶景を楽しむウォーキングコース5選

冬の美しい絶景を楽しむウォーキングコース5選

「外は寒い!」と部屋にこもり、ついつい運動不足になっていませんか? そんな時は手軽に始められ、特別な道具を必要としない「ウォーキング」がオススメです。

 

心が躍るような人気スポットを回れば、ただのウォーキングもちょっとした“小旅行”に大変身。今回は冬の寒さを吹き飛ばしてくれるような、ワクワクするウォーキングコースを5つご紹介します。

※ランニングコースが投稿&検索できるサービス『ラントリップ』より情報を抜粋

 

1.都内随一の景観美しい水元公園と神社や温泉を巡る

東京都葛飾区にある『水元公園』を中心に回るコース。水元公園は都内最大の水郷公園として知られ、ポプラ並木やメタセコイアの森などの樹木や水生植物が多く見られます。さらにバーベキュー場にキャンプ場、ドックランや遊具で遊べる冒険広場など、子どもから大人まで楽しめる公園です。園内をのんびり歩いているだけでも心が安らぎますが、公園周辺の稲荷神社や香取神社にお参りするのもオススメ。歩きの〆には「大谷田温泉・明神の湯」で汗を流しましょう。周回10.9kmとやや長いですが、ぜひ休日に回ってみたいコースです。

https://runtrip.jp/course/tokyo/13122/1816?done=1

 

2.高さ634mの東京のシンボル・スカイツリーの真下を行く

『東京スカイツリー』を間近に感じながら歩く往復5.2kmのコース。634mと日本でもっとも高い建造物が目的地なので、絶対に見失うことはありません。目的地に着いたら、南にまっすぐ伸びる大横川親水公園、錦糸町駅方面へ向かいます。ここはひたすらまっすぐに伸びる1本道ですが、下町の雰囲気を味わうことができ、古き良き街並みと近未来感を同時に体感することができます。スカイツリーの中へ入り、お店をぐるりと回ってみるのも楽しいかもしれません。

https://runtrip.jp/course/tokyo/13107/2452?done=1

 

3.東京ゲートブリッジまでの絶景コース

新木場駅をスタートとし、『東京ゲートブリッジ』まで夕焼けを見に行く絶景コース。前半は片側5車線の巨大な道が続く単調なコースですが、徐々に東京湾を含む絶景スポットが姿を現してきます。片道4㎞ちょっとかけて若洲公園に入ると、ゴール地点である東京ゲートブリッジ(入口)まではもうすぐです。芝生が広がる綺麗な公園内では、東京湾にかかる壮大な橋が眼前に広がり、夕方から夜にかけては美しい夕焼けを望むことができるでしょう。そのまま橋を渡るもよし、公園で一息つくのもよし。湾岸からの景観に、心洗われること間違いなしです。

https://runtrip.jp/course/tokyo/13108/1473?done=1

 

4.絶景の横浜みなとみらいを満喫する10kmコース

横浜のシンボルでもある『みなとみらい』を満喫する約10㎞のウォーキングコース。人気スポットである赤レンガ倉庫、山下公園、大桟橋、臨港パーク、マリンアンドウォーク、横浜公園などを回ります。スタート&ゴール地点にオススメなのが、昨年3月にオープンしたランニングステーション『THE BAYS』。こちらは地元の横浜DeNAベイスターズが運営する施設で、ロッカーとシャワーを使用することができます(日本大通り駅から徒歩2~3分)。海沿いを行くため信号が少なく、横浜の街並みと壮大な海が360度に広がるオシャレなコースです。

https://runtrip.jp/course/kanagawa/14104/2638?done=1

 

5.絶景と横浜文化に触れるコクリコ坂コース

みなとみらい地区からは少し外れた、『港の見える丘公園』や『元町公園』を中心に回ります。この辺りは映画『コクリコ坂から』の舞台として知られ、ファンにはたまらない“聖地巡礼”になるでしょう。映画タイトルの通り坂や階段が多く、運動不足にはこたえるコースかもしれませんが、それを乗り越えた先に待っているのは港の見える丘公園からの絶景。横浜港を中心に、神奈川高速や横浜ベイブリッジを見渡すことができます。もし体力に余裕のある方は、4のコースとセットにして、横浜の街を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。

https://runtrip.jp/course/kanagawa/14104/2415?done=1

 

関連記事はこちら