FUN+WALK PROJECT

FUN+WALK PROJECT

FUN+WALKコラム歩く楽しさを伝えるコラム、続々更新中

2018.01.25

FUN+WALK SNAP vol.10 #丸の内

FUN+WALK SNAP vol.10 #丸の内

はじめよう、FUN+WALK STYLE
もっと歩きやすい靴で、もっと動きやすい服装で、通勤しませんか?
集中力が高まったり、健康にいいのはもちろん、
気分が前向きになって、仕事の効率アップにもつながるかも。

ニックネーム:ぴぴ / 年齢:20代 / 職業:不動産

-普段(平日)はどの程度歩きますか?
「8,500歩前後くらいです」

-通勤や勤務において、運動することで心がけていることはありますか?
「出来る限りタクシーを使わず電車移動をしたり、エレベーターでなく階段を利用したりしています」

-今日の(撮影日の)歩きやすいファッションポイントは ?
「スニーカーで楽ちんにしている分、シャツを着用することでカジュアルになりすぎないように心掛け
ました」

-通勤や勤務において歩くと楽しいスポットや、楽しく歩くために心がけていることはありますか?
「通勤時は、あえてテンポの速い曲を聴きながら歩いています。あとは路地裏や細道を積極的に歩くようにしています。仕事柄街歩きをする機会も多くて、路地裏や細道で隠れ家的なお店や近道なんかを見つけるとわくわくしますね」

-大切な人(恋人や家族など)と歩きたいFUN+WALK SPOT(ウォーキングスポット)を教えてください。
「皇居周辺、丸の内仲通り、神楽坂通り、神宮外苑などですね。あと、ゴルフコースでもカートに乗らず歩くようにしています」

-FUN+WALK PROJECTに期待することは?
「服は相手への誠意を表す手段でもあるように思っています。カジュアルな服装での通勤をすることで相手の会社の方に“誠意がない”と思われてしまわないよう、幅広い職種・企業の方にカジュアルな服装での通勤を認めてもらう必要があると思います。どのような職種・企業の方にもFUN+WALK PROJECTが浸透して、カジュアルな服装で通勤していることが“先進的”“時代への柔軟性がある”また“かっこいい”と思ってもらえるような環境をこれから是非つくっていっていただきたいですね」

関連記事はこちら