FUN+WALK PROJECT

FUN+WALK PROJECT

FUN+WALKコラム歩く楽しさを伝えるコラム、続々更新中

2017.12.27

青の洞窟イルミや横浜みなとみらいイルミ……大切な人と歩きたいイルミコース

青の洞窟イルミや横浜みなとみらいイルミ……大切な人と歩きたいイルミコース

年末年始、様々なイベントがあるこの時期ですが、そのお楽しみをより忘れられない思い出にしてくれるのが、イルミネーションの存在。

いま、東京・渋谷ではイルミ「青の洞窟」が人気。平日の夜にも関わらず、多くの方々が一目見ようと足を運んでいます。そんな大切な人と、“わざわざ”見に行きたくなるイルミをご提案します。
(※写真はイメージ画像です)

(1)青の洞窟イルミネーション

55万個の青色LEDがケヤキ並木を彩るイルミ「青の洞窟」。渋谷公園通りから代々木公園内のケヤキ並木までの750mで展開されており、デートで訪れるのにはもってこい。12月31日まで開催されているので、まだ見ていないカップルは急いで!!

オススメルートは表参道をスタートして、原宿側から代々木公園へ。青の洞窟を逆走する形で歩き、宮下公園方面へと向かい、キャットストリートへ行くというもの。基本的にはどこも明るさのあるルートとなっているので、安心してデートができます。街によって雰囲気も異なるので、そういった違いを楽しんでみては。

(2)湘南の宝石イルミネーション

この時期ならではの江ノ島イルミが楽しめるのが魅力。湘南のシンボルとも言える「江の島シーキャンドル(江の島展望灯台)」をはじめ、江の島島内各所が光輝きます。関東三大イルミにも認定される注目のイルミです。
(※写真はイメージ画像です)

(3)丸の内仲通りイルミネーション

毎年、丸の内イルミを楽しみにしている人も多いでしょう。丸の内でお仕事されている方だけでなく、デートで訪れたり、年末年始で東京駅を使う際に寄り道したりと様々。多くの人を魅了してきた日本を代表するイルミと言えます。東京駅に降り立ったら、是非、丸の内仲通りイルミを堪能してみてください。
(※写真はイメージ画像です)

 

ひんやりとした澄んだ空気に、光を放ち輝くイルミのファンタジー。季節の移り変わりを感じながら、大切な人と素敵な時間を過ごしてみませんか?

※同記事は『Runtrip Magazine』に掲載されたものを加筆・編集したものです。

【『Runtrip Magazine』とは】
“自分史上最高の波”を求めて旅をするサーファーの「サーフトリップ」のように、”自分史上最高の道”を探るランナーの「ラントリップ」。 『Runtrip Magazine』は、「ラントリップ」というライフスタイルを広く伝える、株式会社ラントリップのオウンドメディアです。