FUN+WALK PROJECT

FUN+WALK PROJECT

FUN+WALKコラム歩く楽しさを伝えるコラム、続々更新中

2018.07.19

【男は散歩で見極めろ!】三宿で、イケメンとお散歩デートしてみた #ジョナサン編(1/2)

【男は散歩で見極めろ!】三宿で、イケメンとお散歩デートしてみた #ジョナサン編(1/2)

ハンドルを握るとその人の性格がわかるように、“散歩の仕方”にも、その人となりがあらわれる!? ならば付き合いたてのカップル、これから仲を深めるカップルは、散歩で男性を見極めよう!

散歩で見極める男性力。ならば生まれながらのイケメンは、果たして散歩もイケメンなのか? 今回は、FUN+WALK編集部女子を代表してmが、タレントでモデルのジョナサン・シガーとお散歩デートを決行。ジョナサンの“お散歩イケメン度”を徹底検証してきました!

ジョナサン・シガー(Jonathan Aaron Sieger)
台湾生まれ、群馬県出身のモデル、タレント。イタリア人とアメリカ人のハーフ。 宣教師をしていた両親と一緒に、生まれてすぐ日本に引っ越したため、自称英語は不得意。 趣味は野球、ドライブ、サーフィンで、高校生のときは野球部に所属。現在は、テレビ、ラジオ、舞台、雑誌とあらゆるメディアで幅広く活動中。 「イケメンなのに面白すぎるインスタグラム(@jonathan.sieger )」が話題沸騰中。

「コースから読み解く、男のおもてなし」ジョナサンの場合

今回、事前にジョナサンから提案してもらったお散歩コースは、東京都内の池尻大橋駅近辺から三軒茶屋駅までの散歩コース。世田谷エリアは多少の土地勘があるmですが、そのコースはいまいちピンときません。

m「池尻~三茶って、まさか国道246号沿いをずっと歩く感じですか? それだと(企画的に)ちょっと(色気もないし)……」

ジョナ「いや、この黄色いラインの部分に小川が流れてて、散歩・ランニングにぴったりのコースになっているんです」

そういってジョナサンが送ってくれたのが、この画像。よーく見ると、黄色いラインのところにほんのり川らしきものが。

(c)google map

(c)google map

「めっちゃいいですね!」

小川とか、もうその響きからして、いい感じ。都心の雑踏を避けて、きっと穏やかコースを企画のために選んでくれたんだろうな。うれしいな。適度に自然もあって、雰囲気もいいんだろうな。そう妄想を膨らませながら、ルンルンでジョナサンに返信。

m「わーい! ではそこでお願いします」

ジョナ「OK!」

スマートなやりとりを経て、お散歩デート当日を迎えました。

お散歩イケメン度を見極める、5つのFUN+WALKトラップ

待ち合わせは、ジョナサン指定の池尻大橋駅・北口。

準備運動も兼ねて、渋谷方面から歩いてきたmですが、遠くのほうにそれらしき人影が。見えた瞬間、もう立ち姿からしてイケメンだったので、すぐにジョナサンだと確信しました。

「mちゃん、おはよう!」

(イケメンは、待ち合わせるときもイケメンです)

お天気にも恵まれたお散歩デート当日。お日様の眩しさにも負けないほど輝くジョナサンの笑顔にすでにノックアウトしそうなmですが、今日はジョナサンのお散歩イケメン度をチェックするというミッションを達成しなければなりません。

今回FUN+WALK編集部では、ジョナサンのお散歩イケメン度をはかるために、以下の5つのトラップを設定。

1. 女性からの提案で道を間違えてみる→(頭の回転の速さをチェック)

2. 10分間、だまりつづけてみる→(会話力をチェック)

3. たとえば、かたくなに車道側を歩いてみる→(危険管理力をチェック)

4.散歩なのにヒールでゆっくり歩いてみる→(やさしさ度をチェック)

5. 途中、疲れたとぐずってみる→(包容力・寛容さをチェック)

お散歩中に、これらの行為をジョナサンに対して行い、どんな対応をしてくれるかで、“FUN+WALK的お散歩から読み解く男性力”をチェックしてみようという企画です。果たして、ジョナサンのお散歩イケメン度は、いかに……!?

道を間違えてみる。イケメンの、頭の回転の速さをチェック

平日の日中、人通りも多く活気のある246号沿い。いざ、お散歩デートスタートです。

ジョナ「じゃあ、さっそく行こうか!」

m「はい、よろしくお願いします(ドキドキ)」

お天気にも恵まれ最高のお散歩日和。mもまずは適度なコミュニケーションを展開。

ジョナ「そう、昔このあたりに住んでいたことがあって。今日のコースは、よくランニングしたりしてたんだ」

m「そうなんですね。この辺もいいエリアですよね。住宅街だけど、適度に都会だし、緑もあるし」

ジョナ「だから落ち着くというか、今回の企画にもぴったりだと思ったんだよね。あれ……」

そんな他愛のない会話をしながら、500mくらいは歩いたでしょうか。急に立ち止まるジョナサン。

ジョナ「あは! すみません。道、まちがえました♪

m「え?(笑)」

ジョナ「真逆に歩いてました。ごめんなさい、こっちだ~」

スマホを見ながらニコニコと方向転換するジョナサン。まさか開始早々、セルフでトラップに引っかかるとは、mも拍子抜け。

m「このあたり住んでたんですよね?(笑)」

ジョナ「ごめんごめん。そうなんだけど、まあでも準備運動ということで。仕切り直しね!」

そういって笑顔で歩き出すジョナサンですが、なんでしょう、道を間違えるジョナサン……、くわえて微塵の申し訳なさもなく、堂々と仕切り直すジョナサン……、超イケメンお見事です。

女性からの提案で道を間違えたわけではありませんが、いかにその場の空気を悪くせず、予期せぬ事態を軌道修正してくれるかについては、申し分ない対応。相手に不快な思いをさせず、むしろなんだかちょっと開始早々楽しいじゃないですか。

したがって、トラップ①「女性からの提案で道を間違えてみる→(頭の回転の速さをチェック)」クリアです! 

終始、沈黙してみる。イケメンの、会話力をチェック

国道246号から、静かな緑道に入りました。のどかで、とても雰囲気の良い小道が続きます。

この日、東京は気温も30度近くまであがって、とにかく暑い!  mもやや汗ばんできて、テンションがほんのりダウン。そんなタイミングを見計らい、第2のトラップ「10分間だまりつづけてみる→(会話力をチェック)」をさっそく発動させてみることに。とりあえず、自ら言葉を発するのをやめるm。

ジョナ「あれ? mちゃん、どうしたの?」

m「……いや、なんでもないです」

ジョナ「今日はちょっと暑いね~。大丈夫?」

m「……はい」

明らかに感じの悪くなったm。内心、心苦しく思いつつも、ここは企画ファースト。その後もしばらく心を鬼にして、頑なに黙り続けていると……

ジョナ「ここは、とにかく雰囲気も環境も良いんだよね。あ、ホラ、見て!」

そういって、小走りになるジョナサン。目の前の遊具に駆け寄って……

乗ったー!!!!

ジョナ「ホラ見て! ココは子供と散歩したら、こういう遊具もあるから、最高だよね!」

どんだけ好印象ですか!(可愛すぎる)

しかも“子供と”って、更にポイント高すぎ! 笑顔を通り越して、思わずニヤニヤするmを見て、

ジョナ「やっと笑ってくれた! mちゃん、さっきから黙ってたから」

……読まれていました。

付き合いたて、付き合うかどうかギリギリのそのとき、やはり相手を見極める大事な要素のひとつは、会話力。話が途切れたときや、ちょっとした沈黙時のとっさの対応は、その人のコミュニケーション力があらわれるもの。ですが、ジョナサンは、その会話力はもちろん、さらには演出力もばっちり。ちょっと悔しいですが、トラップ②「10分間だまりつづけてみる→(会話力をチェック)」きれいにクリアです。

たとえば、かたくなに車道側を歩いてみる(危険察知力をチェック)

「mちゃーん!」と、野川の上に掛けられた小さな橋に駆け寄って登って、「魚が泳いでるよ!」のジョナサン図

「mちゃーん!」と、野川の上に掛けられた小さな橋に駆け寄って登って、「魚が泳いでるよ!」のジョナサン図

ここまで2つのトラップを難なくクリアしてきたジョナサン。次は“危険察知力”をチェックすべく、かたくなに車道を歩く作戦スタート。

何かあったとき、すぐに危険を察知して女性を守ってくれる男性は素敵です。たとえばお散歩中、女性がひたすら車道側を歩き続けているのを見て、男性がどんな対応をするのか、はたまたそのことに気づいてくれるのかで、危険察知力とその対応、男性力が見えてくるのではないでしょうか。

なんですけど、ひたすら小川沿いを歩くこのコース……

車がそもそも通りません。笑

これではジョナサンの危険察知力がはかれない……、なにかいいアイディアはなかろうか、そんなことを考えながら歩いていると

ジョナ「mちゃん、危ない!」

突如、目の前に横断歩道が登場。そこを勢いよく一台の乗用車が通過。

m「ごめんなさい、ボーっとしてました」

まさか、こんなに良いタイミングでばっちりなプチアクシデントに遭遇するなんて、我ながらツイてます。笑

ジョナ「大丈夫? ここ、いきなり車が横切ってくるから、気をつけてね」

そういって、mにさりげなく手を添えてくれるジョナサン。

ジョナ「はい、信号、青になったよ。行こ」

やだもう、イケメン!

またしてもジョナサンにやられました。3つめのトラップ「たとえばかたくなに車道側を歩いてみる→(危険管理力をチェック)」このトラップも、悔しいかな、ジョナサン見事クリア。やはり、イケメンはお散歩もイケメン説がいよいよ濃厚になってきました。