FUN+WALK PROJECT

FUN+WALK PROJECT

SPECIAL「FUN+WALK」がお届けするスペシャル企画です。

2018.03.16

『FUN+WALK PROJECTキックオフイベント』レポート

『FUN+WALK PROJECTキックオフイベント』レポート

2018年3月1日、『FUN+WALK PROJECT』のキックオフイベントが時事通信ホールで開催されました。鈴木大地スポーツ庁長官のプロジェクト趣旨説明から始まり、『FUN+WALKアプリ』のプレゼンテーション、プロジェクトに賛同する福井県、アサヒ飲料株式会社、アシックスジャパン株式会社、株式会社髙島屋、ドコモ・ヘルスケア株式会社の取組事例の紹介が行われました。ここでは、ぐんまちゃん、しんじょう君、ふっかちゃんのご当地キャラも登場したイベントの模様をレポートします。

●鈴木大地スポーツ庁長官による『FUN+WALK PROJECT』施策概要の紹介

まず、鈴木長官から『FUN+WALK PROJECT』の趣旨が説明されました。2020年東京大会がもたらす大きなレガシーはずばり「健康」と考えるとした上で、プロジェクトの重要性が紹介されました。

「国民一人一人が健康を大切に考え、楽しみながらスポーツを実施することで、健康寿命と平均寿命をできるだけ近づけていくことを目標に、スポーツを通じた健康増進に取り組んでいきます。『FUN+WALK PROJECT』はこの取組を進めていくうえで、大切なプロジェクトのひとつだと考えています」

「スポーツ庁が実施した世論調査によると、成人の週一回以上のスポーツ実施率は、前年度から上昇傾向にあるものの目標に掲げている65%に対して51.5%で、20~50代が全体の平均を下回っているという状況です。20〜50代のビジネスパーソンは、8割が運動不足を感じているというアンケート結果も出ていますが、運動不足を感じながらまとまったスポーツ時間が取れないという現状があるようです。このようなビジネスパーソンに対して、通勤やランチタイムといった隙間時間を活用して歩くことを促進するのが『FUN+WALK PROJECT』です。
まずは歩きやすい服装『FUN+WALK STYLE』を提案し、2018年3月5日〜18日を『FUN+WALK WEEK』として設定し、本プロジェクトの強化期間として位置付けます。プロジェクトサイト投稿フォーム(https://krs.bz/walkjp/m?f=10)を設けて、企業や団体からのプロジェクトの取組事例を紹介・共有することで、歩くことを身近に感じていただきます。また、プロジェクトポスターのダウンロード(https://funpluswalk.jp/posterdl/)もスタートします。これらの取組で、『FUN+WALK PROJECT』の普及・促進を図っていきます」

●『FUN+WALK STYLE』〜フォーマルとカジュアルスタイルを紹介〜

ここで、モデルによる『FUN+WALK STYLE』の紹介が行われました。『FUN+WALK STYLE』は、男女それぞれフォーマル・カジュアルの2パターンのスタイルを提案しています。

フォーマルスタイルは、見た目は特に目新しいことではありませんが、クッション性のあるソールの革靴やヒールの低い靴でビジネスシーンに合うコーディネートを紹介。靴だけでなく、スーツやシャツを伸縮性のある素材にすることで、動きやすいスタイルとなります。

フォーマルスタイル

フォーマルスタイル

カジュアルスタイルは、スニーカーやウォーキングシューズとのコーディネート例が提案されました。まずは、黒や紺などのダークな色のスニーカーから取り入れるアドバイス、トレンドの細身パンツや短めのパンツ丈にすることで、スニーカーと相性の良いコーディネート例が紹介されました。

カジュアルスタイル

カジュアルスタイル

●福井県庁が取り組む、「歩く」の推進施策

次に、福井県健康福祉部企画幹の岩壁明美さんから、福井県の取り組む「FUN+WALK PROJECT」について発表がありました。

「福井県庁では、『スニーカービズ』と銘打って1日1,000歩プラスすることを目標に、健康づくりの取組をしています。毎週水曜日のノー残業デーとプレミアムフライデーの前日には、「明日は歩きやすい服装・靴で登庁しましょう」というアナウンスをしています。今では、県庁以外に民間企業など250以上の組織が『スニーカービズ』を実践しています。
県庁職員が歩数計をつけて実験した結果、1日平均1,200歩増えたというデータが出ており、プロジェクトが進行していることを実感しています」

●『FUN+WALKアプリ』の配信がスタート!

3月1日からの、全国のご当地キャラクターや企業と連携をして歩くことをさらに楽しくする『FUN+WALKアプリ』の配信スタート(https://funpluswalk.jp/special/app/)が発表されました。

アプリには歩くことを促進する3つの機能があり、一つ目は、歩数に応じてご当地キャラクターが変身していくもの。配信当初は27体のキャラクターで、変身バリエーションは最大162種類あり、他では見られないご当地キャラクターの変身過程を楽しむことができます。

二つ目は、1日1,000歩を歩くごとに1ポイントがもらえるクーポン機能。様々な企業のお得なクーポンが、8ポイント(8,000歩)歩くごとに取得できます。取得したクーポンは、店頭で見せることで割引などのサービスが受けられます。

三つ目は、歩くことを楽しむための情報発信。歩くときの参考になるコーディネートスナップ集や、プロに学ぶウォーキング方法、歩くときに聴きたい音楽のプレイリストなど、様々な情報が発信されています。

また、FUN+WALK WEEKには『みんなで歩いて島耕作をゲットしよう』キャンペーンが実施されます。FUN+WALKアプリ参加者のトータル歩数を距離に換算して日本南北縦断の2,890kmに達すると、目玉キャラクターとして島耕作がアプリに登場し、歩くことで彼を変身させることができます。

鈴木長官はこのアプリについて、「歩くことに『楽しさ』を足すことで、歩くモチベーションを上げていくアプリです。これからも協力してくれるご当地キャラクターが増えると聞いていますので、日本全体でこのプロジェクトが盛り上がってくると思います。身近な歩きから、スポーツを盛り上げていきましょう」と呼びかけました。

●4企業による、『歩く』プロジェクトの紹介

キックオフイベントの後半は、4つの企業による「歩く」に関する取組事例が紹介されました。

アサヒ飲料株式会社 代表取締役社長 岸上克彦氏からは、『健康チャレンジ!プロジェクト』の実施報告がされました。一駅前で降りて歩くことの推進、スニーカー通勤・スニーカー勤務の推奨といった社員への取組事例が挙げられました。また、健康促進活動ごとにポイントを付与し、ポイント数に応じて商品やサービス、寄付など社会貢献に活用できる『健康ポイントプログラム』も紹介されました。

アシックスジャパン株式会社 代表取締役社長 小林淳二氏からは、スポーツ休暇制度の導入と制度取得促進による働き方改革の実施、歩きに関するイベントの開催など、心地よい歩きを広める活動報告がされました。社員モデルも登場し、ニット素材で足にフィットするスニーカーや、スポーツシューズの機能をレザーに導入したシューズも紹介されました。

株式会社髙島屋 常務執行役員 岡部恒明氏からは、新宿店で展開されている歩きやすい通勤スタイル提案の紹介や全国の髙島屋各店で『FUN+WALK WEEK』に合わせたプロモーションが開催されることが発表されました。新宿店の周辺にあるペデストリアンデッキにはウォーキングコースを設置し、百貨店館内では楽しく歩けるフロアの距離表示やイベントの開催が紹介されました。

ドコモ・ヘルスケア株式会社代表取締役社長 和泉正幸氏は、社長と社員が歩数を競うウォーキングイベントの開催、ウェアラブルの活動量計を身につけることによる歩くことの習慣づけなど、楽しく・飽きずに歩くことを続けられる仕組みの提案がされました。

最後に鈴木長官は、「『FUN+WALK PROJECT』は、官民連携で一体で実施する大きなムーブメントになるプロジェクトです。足は第二の心臓ともいわれるほど、歩くことは人間の基本でもあります。楽しく歩くことを通じて、皆さんの健康増進につながるプロジェクトに発展させていこうと思っています」と締めくくりました。